シンフォニックシーズン2019

プログラムとキャスト

2019年5月26日


F.メンデルスゾーン王国
シンフォニーn。 主要な "イタリア語"の4、op。 90


L. V. BEETHOVEN
シンフォニーn。 Cマイナーop。5 67


ロレンゾ・マクリ監督


ローマ交響楽団


2019年6月9日


L. V. BEETHOVEN
 -  Coriolanus、C短調の序曲、op。 62
 - エグモント、序曲のマイナー長調、op。 84


F.メンデルスゾーン王国
 - ル・エブリディ序曲による協奏曲ハ短調op。 26「ラ・グロッタ・ディ・フィンガル」


G. REDSINI
 - カササギ、序曲
 - アルジェのイタリア人、序曲


W. A.モーツァルト
 - ドンファン、序曲
 - フィガロの結婚、序曲


G.グリーン
 - 運命の力、序曲


N. RIMSKY-KORSAKOV
 - スペイン語のカプリッチョ


ローマ交響楽団


2019年6月16日


A.ヴィヴァルディ


 - 協奏曲in 2ヴァイオリーニ、ヴァイオロンチェロ、Archi e Basso Continuo

 - ソリ、コロとオーケストラごとのソルミノアのマグニファクト

 - オルガノ、ヴィオリノ、アーチとコンティニューのための協奏曲

 -  Gloria in Re Maggiore per Soli、コロとオーケストラ


Stefano Vasselli、ディレクター
コロサンパオロ
オーケストラSinfonica di Roma

 

 

2019年9月15日午後8時30分 - ブラームス - 交響曲第4番


G.プッチーニ
インターメゾマノンレスコー


C.デビュー
ラルプレス・ミディ・ダン広場


J.ブラームス
シンフォニアn。オーケストラ1マイルあたり4分、op。 98年


指揮者:アメリコカレッティ

ローマ交響楽団

 

 

2019年9月29日午後8時30分 -  Pier Narciso Masiがモーツァルトを演じる


W. A.モーツァルト
アイネ・クライネNachtmusik
シンフォニア29号、ラ・マッジョーレ、K. 201
ピアノ協奏曲第14番、イ長調、K.449


ピアノ:Pier Narciso Masi
指揮者:Maurizio Morgantini

ローマ交響楽団

 


2019年10月13日午後8時30分ベートーヴェン - 交響曲第4番
メンデルスゾーン - バイオリン協奏曲

 

G.ロッシーニ
"Barbiere di Siviglia"序曲


F.メンデルスゾーン王国
協奏曲inミリオーレヴァイオリノとオーケストラのための、オペアンプ。 64


L. V. BEETHOVEN
シンフォニアn。 si bemolleマッジョーレ、オペアンプで4。 60


独奏ヴァイオリン:アレッサンドロ・ミラナ
指揮者:アメリコカレッティ

ローマ交響楽団

 


2019年11月3日午後8時30分 -  W. A.モーツァルト - レクイエム


F. POULENC
オーケストラ・ダルキ・エ・ティンパニ管弦楽団
W. A.モーツァルト
ReミノアレK 626のレクイエム
ソプラノマリアンジェラカファロ
Rosanna Rossoni、メゾソプラノ
カルロ・プテッリ、テノール/テノール
アンドレア・アメリオ、バッソ/ベース
Stefano Vasselli、オルガニスト/オルガニスト
Ars Vocalis  - セントポール合唱団
アンドレア・カペレリ、ディレットーレ/指揮者

ローマ交響楽団

チケットを購入する
SEP 2019 Next

サン・パオロ・エントロ・レ・ムーラ教会

類似したイベント