ランスへの旅 バルセロナオペラ

ランスへの旅 Il viaggio a Reims

 

作曲:ジョアッキーノ・ロッシーニ

台本:ルイージ・バロッキ

 

あらすじ


全1幕:1825年ナポレオン失脚後のブルボン王政復古時代。フランスの有名な保養地プロンビエールの旅館「金のユリ亭」

明日はシャルル十世の戴冠式がフランス歴代王家の戴冠の地ランスで行われる。プロンビエールにある有名な鉱泉宿「金のユリ亭」では、明日の戴冠式に参列するヨーロッパ中の貴族が集まっている。宿の女主人コルテーゼ夫人は、内心自分も戴冠式を見に行きたいのだが、立場上、使用人達に向かって「宿の評判を上げる絶好の機会だから、どのようなお客様にも、心からのおもてなし」と注意している。そこにパリからやってきたフォルヴィル伯爵夫人がイライラしながら現れる。明日の戴冠式のために特注した衣装がまだ届かないのだ…と、伯爵夫人の従弟ドン・ルイジーノがやってきて、その大切な衣装を乗せた馬車が転覆したと伝える。驚いたフォルヴィル伯爵夫人は失神してしまう。医者のドン・プルデンツィオが手当をすると、伯爵夫人はすぐに意識を取り戻す。しかし衣装がなければランスへは行けないと大げさに嘆く。そこに侍女のモデスティーナが、転覆した馬車から帽子を持ってきたので、今度は大喜び。他方、会計係を買って出たトロムボノク男爵、学士院会員のドン・プロフォンド、さらにイタリア将軍の美しい未亡人メリベーア侯爵夫人と彼女に恋するスペインの提督ドン・アルヴァーロ、そしてその恋敵のロシアの将軍リーベンスコフ伯爵らが次々と到着する。この未亡人をめぐり、その場の雰囲気が険悪になったところで、突然ハープの音が響き、ローマの有名な女流詩人コリンナが登場。彼女の歌う甘美な「やさしい竪琴よ」は皆を和ませる。このコリンナにぞっこんの英国大使シドニー卿は、つつましくも毎日彼女の部屋に花を贈り続けている。それに引き替えフランスの士官は、ついさっきフォルヴィル伯爵夫人にちょっかいを出したと思ったら、また直ぐにコリンナに言い寄っている。しかしコリンナは彼の歯の浮くようなお世辞にはなびかない。ベルフィオールがふられたのを見たコリンナの友人ドン・プロフォンドは大満足。一行の荷物の点検をはじめる。そこへトロムボノク男爵が血相を変えて飛び込んでくる。プロンビエール中の馬車が予約済みで、明日ランスへ行くのに1頭の馬も調達できないのだ。一同大ショック。と、そこにコルテーゼ夫人が一通の手紙を取り出す。それには「ランスでの戴冠式の後、国王は数日でパリに戻り、そこでまた大々的に祝典が催される。」と記されていた。それを聞いたフォルヴィル伯爵夫人は、全員をパリの自宅に招待しましょうと申し出る。これには一同大感激。そこで、一同ランスへ行くための費用を使い「金のユリ亭」で戴冠式を祝う大宴会をしようと決める。この大騒ぎの中、メリベーア侯爵夫人とリーベンスコフ伯爵が大喧嘩をしている声が聞こえてくる。しかし伯爵が謝り、その優しさにうたれた侯爵夫人は彼の求婚を受け入れる。「金のユリ亭」の庭には、大宴会の支度が整った。晩餐会のスタイルでいざこざが起きそうになったが、トロムボノク男爵の提案で、王家にならい、それぞれのお国振りで…ということでうまく話がまとまる。ドイツの歌、ロシアの歌、ポーランドの曲…楽士や踊りが加わり宴も盛り上がる。最後に皆のリクエストでコリンナがフランスと国王シャルル十世を讃える即興詩を歌い、一同唱和したところで幕となる。

プログラムとキャスト

チケットを購入する
OCT 2019

ボリショイ劇場

​ボリショイ劇場 (露: Большой театp、英: Bolshoi Theatre、正式名称: 国立アカデミー・ボリショイ劇場 〔Госудаpственный академический Большой театp России〕) は、ロシアのモスクワにある劇場。ロシアを代表するバレエ、オペラ劇場(歌劇場)である。「ボリショイ」とはロシア語で「大きい」を意味し、単純には「大劇場」。ロシア国内のいくつかの都市には複数の劇場が存在し、大きなものをボリショイ劇場と呼び、小さいものをマールイ劇場と呼ぶ慣習がある。ロシア国外では、一般に「ボリショイ劇場」と言った場合はモスクワのボリショイ劇場を指す。

1776年ピョートル・ウルソフ公爵とマイケル・マドックスによってウルソフ公爵邸でオペラやバレエ、ドラマの上演がおこなわれたコトがボリショイ劇場の始めであるとされています。

その後1780年モスクワ・モホヴァヤ通りのパシュコーフ邸を得て、ペトロフカ劇場で演劇とオペラを製作・発表するようになりました。

やがて帝室劇場の管理下に置かれるが、現在のボリショイ劇場の建物を得るまで計3会の火災に見舞われる。1805年の火災でアルバート通りの新アルバート帝国劇場に移転するものの、この劇場も1812年ナポレオンのモスクワ侵略の際、モスクワ大火で焼失しました。

1825年、現在のテアトラーリナヤ広場の敷地にA.ミハイロフ、オシップ(イオアン)・イワノヴィッチ・ボヴェの設計の元建設されます。また、これより早く1824年にボヴェはマールイ劇場(小さい劇場)を建設しています。ボリショイ劇場は1825年1月18日に落成し、当初はロシアの作品のみを上演し、外国人による曲目、作品が上演されるようになるのは1840年まで待たなければいけませんでした。

1853年、このロシア古典主義様式に基づく劇場は火災に遭い、大きな被害を受けます、1856年アリベルト・カヴォスによって焼け残った正面列柱と壁面を生かして改修工事が行われた結果、現在の劇場が完成しました。また、この改修工事の際に正面破風の上に彫刻家P.クロットによる太陽神アポロンの支柱立ての馬車の彫刻に換えられました。

独ソ戦で劇場はドイツ軍の攻撃により被害を受けましたが、すぐに修繕されてました。ボリショイ劇場の施設は、観客席数6層2150席。2002年11月に1000人を収容できる小劇場(ボリショイ劇場新館)が建設された。

2005年7月1日からボリショイ劇場本館は老朽化の進んだホールを修復するため閉鎖され、6年の歳月と200億ルーブル(現在のレートで約470億円)以上を投入し大規模改修が行われた。この間、本館におけるバレエ、オペラは上演が中止され、ボリショイ劇場新館と、クレムリンのクレムリン大会宮殿などで行われた、2011年10月28日に再開。バレエのこけら落とし公演はチャイコフスキーの「眠れる森の美女」が上演されました。

 

 

類似したイベント