ローマゴーズバロック

ローマの中心部、美しいBiblioteca Angelicaでは、オリジナルの楽器のコピーで特別に演奏される2つの見事で暗示的な室内コンサートに参加できます。選ばれた作品は、ヴィヴァルディ、ヘンデル、バッハなどの作曲家の素晴らしい頭脳から生まれたものであり、彼らの作品、スタイル、学生を通して、ヨーロッパの音楽の歴史を永遠に刻んでいます。


フルート、ハープシコード、ソプラノによって演奏された、深いインスピレーションと見事な発想と創造による彼らの神聖な作曲の旅。

プログラムとキャスト

2019年9月19日木曜日


デュオフルートチェンバロ:

「バロックのスプレンダー」

Vivaldi / Chedeville、Haendel、Paradisi、Gluck、Telemannの音楽

ヘンデル:フルートと連続のためのソナタヘ長調

D.パラダイス:ハープシコードのソロに触れた

G. Ph。Telemann:ソロフルートのファンタジー

W.グリュック:「オルフェウスとエウリュディケ」による祝福された霊の踊り

G.Frヘンデル:チェンバロのためのパッサカリアト短調

A.ヴィヴァルディ/チェディヴィル:コレクション「イルパスターフィド」のソナタ-


2019年10月9日金曜日


トリオ・ソプラノ-フルート-チェンバロ

「ヨーロッパのバロックのモテットと神聖な空気」

ヴィヴァルディ、マルチェロ、バッハ、ヘンデル、ブクステフーデの音楽

D.ブクステフーデ:「Singet dem Herrn」モテット

A.ヴィヴァルディ:「グロリア」のアリア「ドミネデウス」

J.S.バッハ:3番目の組曲の「アリア」、カンタータBWV 147の「GesùGioia」

A.マルチェロ:オーボエと弦楽のための協奏曲(フルートとチェンバロのための転写)

G.Fr. Haendel:3つのドイツのアリア、オペラ「Rinaldo」のアリア「Let me cry」

チケットを購入する
OCT 2019

アンジェリカ図書館

類似したイベント