大オペラ合唱団と最も有名なアリア

オペラの歴史の中で、合唱団がさまざまなイベントを経験した期間は、18世紀の間にほとんど消え去るまでありました。しかし、19世紀から始まって、聖歌隊は、20世紀の最も複雑な形態のポリフォニーまで、関心と重要性を増してきました。一般に、19世紀のオペラのほとんどは、どの言語でも、合唱シーンから始まります。そこには、1つ以上のソロの部分があります。


このコンサートでは、イタリアのオペラ作曲家、ヴェルディ、ドニゼッティ、プッチーニ、マスカーニの4人の最も有名で有名な聖歌隊に正しい価値を与えたいと思いました。彼らのすべての美しさに感謝するチャンス。

プログラムとキャスト

ソリスト
ソプラノ:ローラ・フェリーチェ、マリア・クリスティーナ・フィロソフィ、エレオノーラ・レオノリ
メゾソプラノ:キアラググリエルミ
テナーズ:コスタンティーノ・ダニエッロ、ロモロ・ティザーノ
バッソ:アンドレア・スコソリーニ、ルカ・レンゼッティ
ローマ交響楽団
指揮者:アルマンアズムン


コーラス
Coro“ Cantar gli affetti” di Roma  - 指揮者アルマン・アゼムーン
Coro“ New Chamber Singers” di Roma  - 指揮者Stefano Vasselli
Sant'Oresteのコロ「Rosa Proserpio」 - 指揮者Arman Azemoon
コロ「Clarae Dominae」 - 指揮者アレッサンドラ・コルソ


プログラム


G.ヴェルディ:オペラ座からの伝説「序曲」
G.ヴェルディ:オペラ座からの伝説「Va’ pensiero」
G.ヴェルディ:オペラ座からLombardi alla prima crociata“ O Signore dal
テトナティオ」
G.ヴェルディ:ラ・トラヴィアータオペラより「Libiamo ne´ lieti calici」
G.ヴェルディ:オペラマクベス「パトリアオプレッサ」より
G.ヴェルディ:オペラ座からIl Trovatore“ Coro dei gitani”
G.ヴェルディ:オペラアッティラ「序曲」より
G. Donizetti:オペラ作者Elisir d’amoreより -  Preludio e Coro“ Bel conforto
al mietitore”
G. Donizetti:オペラElisir d’amore Finaleより、“ Adina credimi…..”
fra lieti concenti」
G.ドニゼッティ:オペラ作家Elisir d’amoreから“ Cantiam facciam brindisi”
G.プッチーニ:Opera Turandot「Nessun dorma」より
P. Mascagni:オペラ・キャバレリア・ルスティカーナより“ Gli aranci olezzano”
P.マスカーニ:オペラ・キャバレリア・ルスティカーナ「Intermezzo」より
G.ロッシーニ:オペラ座からグリエルモ・テル・フィナーレ「Tutto cangia il ciel si
abbella」

チケットを購入する
PreviousSEP 2020

イタリアメソジスト教会

類似したイベント